ヤフオク・コラム特典

T-STUDIO エンドアーム

現在出品中の「SIDESHOW1/2エンドアーム」ですが、出品説明欄の画像はすべて「台座の裏側を表側に」して掲載しています。つまり、あの「ENDOARMがどうたらこうたら」と書いてある銘板「風」の部分をあえて見えないようにしています。理由はまあ今さら言う必要もないでしょう。言わせないでください。

T-STUDIO エンドアーム

前回の狂気の記事に影響されて、T2の3D版を観に行かれたイカレタ紳士は果たしてどのくらいいらっしゃったでしょうか。横浜支部の切削のマツは、T-1000登場シーンで露見するロバートの亀○が3D処理されているか否かを確認すべくわざわざ立川まで激走したそうです(結局○頭は3D化どころかキッチリ修正されていたとのこと。あと前回記事で謎だったバイクスタントの顔は「シュワ顔になっていた気がする」とのことでした)。

T-STUDIO 銘板

本題に戻します。で、出品中のアーム台座の銘板部分を隠すための銘板をご用意致しましたので、どうしても表側を前面にして展示したい場合はせめてこれで覆って下さい。もしここをご覧の方が落札した場合には取引ナビで「コラム特典希望」と明記下されば、上の二枚を差し上げます。

ハタナカマコト 休養

この週末は妻が娘を連れて帰省していた関係で、本当の意味での休養ができました。近頃は複数の依頼案件を同時進行で進めつつ、本業の雑務もあって頭の中がやや混乱気味でしたが、1人自由気ままにこんな夕焼けを眺めながら冷えたビールでも一杯やれば、明日への鋭気が養えるというものです(普段は絶対に許されない『最上階のバルコニーにリクライニングチェアを置いてツマミをやりながらグビグビ』という念願をこの度ようやく叶えることができました。嫁さんがこの記事を目にしませんように…)。

次回はチェストバスター以来の『T以外作品』をここでお披露目致します。

ターミネーター エンドアーム プロップ レプリカ

T-STUDIOの信念に共感くださるあなたへ

既存製品のクオリティにがっかりしておられる本物志向のあなた、ぜひお手持ちのキットやプロップレプリカをT-STUDIOにお送り下さい。T-STUDIOが魂を込めて改修・製作します。

comment

  1. 土井大介 より:

    嗚呼!次回も楽しみです!

  2. 土井大介 より:

    ちなみに今回のアームは、
    メッキ処理と墨入れぐらいなのですか?
    他に改修された箇所などありましたらご紹介ください
    m(_ _)m

    • T-STUDIO・ハタナカマコト より:

      土井さん、返信が遅くなり申し訳ございません^ ^;

      今回の出品物はシンプルに「銀鏡」がウリです。
      パイピングやディテールアップは、やり出すと止まらないのでグッと我慢しました。飾るには丁度良いサイズなので、僕自身わりと気に入っております。

      次回コラムもぜひお楽しみに!

      ハタナカ

comment form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

T-STUDIOの作品

アーカイブ