ダメージ表現

バトルダメージ表現を施したM1号キット

今年5月のサイト公開後、あらゆる場所で貴重なプロップや写真を目にしてきたのですが、それらをじっくり考察し、スタンウインストンスタジオで施されたダメージ表現の「特徴」を日々研究した結果、私の中でいくつかの法則を見つけました。

“金属の鈍い輝きと質感を損なわずに(保持しつつ)、いかにそれらしく汚すか”

今回の写真は、T2版で製作したM1号キットです。
(2作目仕様ということで眼のレンズは赤、後頭部シリンダの付け根はユニバーサルジョイントとしています)。
例によってクロームメッキを施し、その上からいくつかのコーティング処理した後に汚してみました。
参考にした画像をここでお見せできないのが残念ですが、SWスタジオの「特徴」を再現できたのではないかと思います。

ちにみにこの個体、眼球可動メカが入っていますのでこの状態で動きます。
発光+動作状態のムービーも近日中にアップします。

T-STUDIOの信念に共感くださるあなたへ

既存製品のクオリティにがっかりしておられる本物志向のあなた、ぜひお手持ちのキットやプロップレプリカをT-STUDIOにお送り下さい。T-STUDIOが魂を込めて改修・製作します。

comment form

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

T-STUDIOの作品

アーカイブ